×

CATEGORY

HOME»  レトルトカレー»  正倉院咖喱「ビーフカレー」 松林堂

正倉院咖喱「ビーフカレー」 松林堂

正倉院咖喱【ビーフカレー】

内容量:200g(1人前)

 

 

NEW

  • 正倉院咖喱「ビーフカレー」 松林堂

  • 販売価格

    1,100円(税込)

  • 在庫

    3

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 奈良の老舗の筆店 松林堂から登場した正倉院咖喱【ビーフカレー】です。



    【弊社 松林堂は江戸時代末期に創業し、さまざまな筆の製作を通して
    奈良の伝統工芸品の良さを守り続けてまいりました。
    これからは、書道の教室をはじめ、奈良での様々な体験や奈良の素敵な商品をご提案させていただくサービスを始めます。
    正倉院カレーはその最初の、松林堂オリジナルの商品です。
     正倉院には、光明皇后ほか様々の方の筆で書かれた書や筆の他、スパイスが残っています。
    そこで正倉院にゆかりのあるスパイスを使い、手にとってみてすぐにシルクロードを感じる、
    そんなカレーを作りました。
     題字は、長年お世話になっております書家 信貴先生に揮毫いただき、カレーの監修は、
    スパイスカレーの専門家 内藤シェフに、パッケージデザインは奈良県在住のデザイナーにと、
    奈良への想いが詰まった、こだわりの美味しい大人のスパイスカレーに仕上げています。
     天平時代へロマンを馳せながら、ぜひご賞味ください。】

    ●スパイスについて
    シルクロードの終着点とも呼ばれる奈良の正倉院には、文化が花咲く天平時代にシルクロードを通り、遣唐使船によって香辛料(スパイス、薬草など)が日本に渡来したと考えられております。
    正倉院の中には、胡椒のほか、クローブ、シナモンなどが収められており、
    当時は貴重な薬としてたいへん重宝されていたようです。

    ●大和当帰について
    奈良には、シルクロードを通じて医薬術も伝わりました。
    奈良県は漢方について、飛鳥・奈良時代まで遡る歴史的・文化的厚みや、地場産業として配置薬業が発展してきた特徴があります。
    当帰の根は、古来より婦人病や血流の改善、滋養強壮、鎮痛などに効果のある生薬として利用されてきました。
    当帰の葉は、ほのかな甘みとセロリのような香りが特徴のハーブです。
    特に大和当帰には、ビタミンやミネラルなど様々な栄養成分が豊富に含まれていることが明らかになり、アンチエイジングに有効な抗酸化成分のビタミンE含有量は、野菜・果実類でトップクラスです。美容と健康にと、たいへん注目を集めています。

    ●レシピ監修について
    大阪の北新地の人気店AZU CURRY Lab.にレシピの監修をお願いしました。 スパイス・ハーブの力を引き出すカレーの研究家 内藤シェフの監修のもと、正倉院に収められているスパイスと大和当帰葉を使った美味しく健康的なレトルトカレーに仕上がりました。
    香料・着色料・化学調味料 無添加です。

    ●題字について
    書道家 信貴黎香先生による題字・落款
    奈良市で筆墨製造150年余りの松林堂製の筆を使って頂き、書道家 信貴黎香先生に揮毫いただいた作品をパッケージにデザインいたしました。

    ●パッケージの模様について
    正倉院の宝物「碧地金銀絵箱(へきじきんぎんえのはこ) 」のモチーフをアレンジした格式あるデザイン模様です。花喰鳥文(はなくいどりもん)と呼ばれる花や松の小枝、綬(じゅ)という組紐の帯などをくわえた鳥の文様は、吉祥の文様として代表的な天平模様です。

    名称:カレー
    原材料名:牛肉(国産)、トマト・ピューレーづけ、ソテーオニオン、ミルポワペースト、おろししょうが、ビーフエキス、おろしにんにく、ビーフエキス調味料、チャツネ、クミン、コリアンダー、カルダモン、フェネグリーク、ガラムマサラ、ウコン、酵母エキス、カカオハスク、ブラックペッパー、赤唐辛子、食塩、当帰葉粉末、クローブ、シナモン、マスタードシード、ローレル、(一部に小麦・牛肉・豚肉・大豆・りんごを含む)
    殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
    内容量:200g(1人前)
    保存方法:直射日光を避け常温で保存してください。
    販売者:株式会社 松林堂 〒630-8253 奈良市内侍原町49
    製造所:株式会社キャニオンスパイス 大阪府泉南市りんくう南浜4-15

    本製品に含まれているアレルギー物質 / 小麦・牛肉・豚肉・大豆・りんご
    本品製造工場では、乳成分・卵・えび・かに・落花生を含むを製品を生産しております。
    お召し上がり方
    ●お湯で温める場合
    袋(レトルトパウチ)を熱湯に入れ5〜7分間温めて、熱い間にお召し上がりください。
    ●電子レンジで温める場合
    袋(レトルトパウチ)の中身を深めのレンジ対応の耐熱容器に移し替えてラップをかけ、500Wの場合、約2分間温めてお召し上がりください。※加熱時間は機種・ワット数により異なり

    ますので、電子レンジの説明書などを参考に加減してください。

  • 【ご注意】
    ●開封時やラップをとる際、熱くなった具やソースがはねることがございますので、火傷に十分ご注意ください。
    ●袋のふちで手を切らないようご注意ください。あけにくいときはハサミで切ってください。
    ●袋を温めたお湯は飲用しないでください。
    ●開封後は一度に使いきってください。

    栄養成分表示 1袋(200g)当たり
    エネルギー…166kcal
    タンパク質…14.1g
    脂質…6.6g
    炭水化物…12.6g
    食塩相当量…1.9g
    ※この表示値は目安です。

関連商品

CONTENTS

CATEGORY