×

CATEGORY

HOME»  書籍»  「なぜ美術は教えることができないのか」著:ジェームズ・エルキンス 訳:小野康男・田畑理恵  三元社

「なぜ美術は教えることができないのか」著:ジェームズ・エルキンス 訳:小野康男・田畑理恵  三元社

なぜ美術は教えることができないのか」著ジェームズ・エルキンス    三元社
       訳:小野康男 田畑理恵

  四六判並製/444頁


いかにして、美術を教えることができるのか。
「美術を教える」とは何か、何をいかにして教え、学んでいるのか、教師も学生も、ほとんど分かっていない。講評で使われる批評の言葉を手がかりに、美術の授業で「起こっていること」を記述することで、私たちが普遍と信じ、行い続けていることの意味を問い直す。
―――「美術を教える」ことについて、誰も口にすることのなかった数々の事実を提示する。

NEW

  • 「なぜ美術は教えることができないのか」著:ジェームズ・エルキンス 訳:小野康男・田畑理恵  三元社

  • 販売価格

    4,400円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • と素なぜ、書写・書道を学ぶのか――。

    学校教育から成人教育まで、書写・書道の指導にたずさわる11名が、「言葉」「書くこと」「造形」をめぐって展開する「書」の実践集。学習者と指導者双方の学びが円環をなすことで、書における学びが、いわゆる「お習字」の枠を超え、国語、社会、美術、そして生涯にわたる学びへと連鎖していく――学びのあり方「学び観」を提示する。

    「書って、なんだかよくわからない」への手がかりと

  • [目次]

    序論  9

    第1章 歴史  15
      古代の美術学校  16
      中世の大学  17
      ルネサンスのアカデミー  22
      初期の美術アカデミー  23
      カラッチ一族のアカデミー  33
      バロックのアカデミー  36
      十九世紀のアカデミー  58
      現代のアカデミーとバウハウス  65
      バウハウスを超えて、美術学校  78

    第2章 会話  83
      現代の美術指導はアカデミックなのか  87
      さまざまな視覚芸術の間にいかなる関係があるのか  93
      コア・カリキュラムの問題  113
      美術はそれが制作された社会を反映しているのだろうか  126
      平凡な美術を教え学ぶこと  137
      スタジオにおける美術の授業では学べないこと  146
      装飾の問題  167
      人体モデルに何が起こっているのか  174

    第3章 理論  181
      教えるとは何だろうか  184
      美術を教えることはできるのだろうか  190
      美術を教えることができないとすれば、何を教えることができるのか  204
      純粋芸術と単なる技術に関する補説  209
      もう一つの補説、美術教育について  211
      主題に戻る:本書における最初の三つの主張  214
      懐疑論と悲観論  219

    第4章 批評  223
      一、美術批評とは何か誰も分かっていない  226
      二、批評は短すぎる  239
      三、次々と話題が漂流する批評  246
      四、学生の作品とはかかわりなく、教師も自分の作品を制作する  255
      五、教師はそれぞれ独自の発言をする  257
      六、批評は誘惑のように、感情を思い切り爆発させる  264
      七、下手な翻訳もそうだが、批評は多くのものに似ている  283
      八、教師は技術的なアドバイスをすることで時間を無駄にしている  298
      九、判定的な批評をする教師もいれば、記述的な批評をする教師もいる  306
      十、学生が目の前にいることが混乱を招く  321
      十一、美術作品はたいてい独創性を欠いている  327

    第5章 提案  337
      批評を改善するために  338
      質問の連鎖  343
      批評を書き起こすこと  358
      意味を探求すること  364
      批評を比較すること  375

    結論  381

      訳者あとがきと解説  387
      索引  001
      註  011

関連商品

CONTENTS

CATEGORY